その他スマホハプニング対処法と防止

これらのトラブルの影響

バッテリーは、約500回分の充電をすると交換時期であると言われています。バッテリーは、日常生活の湿気及び使用時の熱量により劣化していきます。誤作動をしているバッテリーの使用を続けると、熱によりバッテリーが膨張し、他の電子回路に影響を及ぼし、全てが使用不可になる事があります。
ボタンの誤作動は、ほこりなどが詰まって電子回路かうまく動いてない状況が原因です。修理店でほこりの撤去作業を安値で行ってくれます。仮に、誤作動を放置しておくとほこりによる電子回路の劣化が早くなります。
カメラの機能については、使用者の価値観によりますが少しの衝撃でカメラの機能が壊れてしまい不自然な動作をすることがまれに起きたりします。

各トラブルの修理費用

バッテリーの修理費用は、約5,000円で済むことが多いです。バッテリーの寿命が来た時には迷わず交換をすることが推奨されています。iPadの電子機器でも10,000円を切るお手頃なお値段で交換可能です。お時間も30分かからずに終わってしまいます。
ボタンの誤作動は、約6,000円で済みます。ほこりの撤去だけでなく、ボタンが劣化してるときは交換も行ってくれます。作業のお時間も40分で終わってしまいます。
カメラの機能は、iPhone6までは約6,000円で済みます。しかし、iPhone7以上になりますとバックカメラ(普段使用するカメラ)の機能がアップグレードされてるため約15,000円を目安としています。フロントカメラ(自分を写すときのカメラ)はiPhone6までは約5,000円、iPhone7以上は6,000円とお手頃な価格で修理可能です。