スマホが何かのハプニングで壊れた時の対処

真水、海水をかぶってしまった時

初めに、真水をかぶってしまってスマホの内部に水が入ってしまった時は、まず携帯電話を乾かして画面及びその他の内部の電子版に影響が出ないように電源を切ることが一番であると言われている。反対に、必ずやってはならないことは携帯電話本体に電源を入れることである。主な理由としては、電子版に水が入っている状態で電気が流れてしまうとショットしてしまい回路が壊れてしまいます。スマホの操作を一切せず、電源を切り乾燥させ、修理店まで持参してください。次に、海水をかぶってしまった時の対処です。海水の場合は、電子版に触れてから劣化が始まりますので、袋の中に真水とスマホを電源切った状態でいれて海水を抜く作業を行うのがいいとされています。また、真水を何回か変えながら修理店まで持っていくと、劣化が最小限にとどめられます。

水没の修理代の目安

水没の場合、目安の予算は約20,000円とみるのが好ましいです。初めに、基本料金で約5,000円かかります。内容は、パーツの分解、電子版の自然乾燥、内部の状況確認等の作業費になります。別途の、15,000円は内部の部品代になります。各部品が、精密な構造の為壊れやすくなっています。また、破損した部品の交換は必須となります。電子版の、誤作動によるデータ損失等防止の為です。作業のお預かりのお時間の目安は3時間から8時間が目安となります。しかし、内部の劣化状況により、1日から3日間かかることがありますが、正規店よりも早く手頃な価格で、元に戻る所が売りとなっています。また、データの復旧作業なども同時に行い重要な個人情報も失うリスクが低いところも長所となります。